EVENT

イベント情報

岐阜
構造、断熱見学会@名古屋市守山区(松尾設計室コラボモデル)

NEW

構造、断熱見学会@名古屋市守山区(松尾設計室コラボモデル)

開催日
構造見学会:5/22(日)・29(日)、断熱見学会:6/12(日)・19(日)
開催地
愛知県名古屋市守山区翠松園
(会場詳細は、ご予約をいただいた方にご案内いたします)

このイベントに申し込む

scroll

構造見学の見どころ


 

山長商店の紀州材

紀伊半島に約6千ヘクタールの自社林を所有する山長商店は、植林から始まり、育林、伐採、製材、乾燥、仕上げ、品質検査、選別、プレカット加工までの全てをグループ一貫体制しており、樹齢五十~百年の紀州産杉・桧を製品化。

全てのスギ・ヒノキの構造材に、JAS規格に則った全量検査・品質表示を実施し、原産地表示・合法性証明マークとともに、JAS認定マーク、樹種、含水率、強度、寸法、製造者、シリアルNo.を表示しています。

「紀州材」とは、主に和歌山県を中心とする紀伊半島南部(=旧紀州藩領)と、熊野川流域の奈良県南部から出材される材をいいます。

この地方では、吉野林業地の影響も受けながら、急斜面でありながら他地域に比べて植栽密度の高い植林を行ってきました。

一般的にはスギ・ヒノキの植林は1haあたり約3,000本程度ですが、山長では1haあたり約5,000~5,500本を植林しています。

多くの苗木を植え、職人の手で間伐を複数回、長年にわたって行うことによって、年輪幅が細かく整った、材面の美しい紀州材が育つのです。

そのような美しい紀州材は強度も併せ持っており、住宅建築用材としては日本有数の高品質の木材と言われています。

 

制震ダンパー

世界レベルの高性能、高品質を実現した、3mmの振動から効き始める制震ダンパー「evoltz(エヴォルツ)」。

evoltzは、世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択するBILSTEIN(ビルシュタイン)社が製造するガス封入式のオイルダンパーです。

制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を傷めることがないように考えた「超バイリニア特性」で特許を取得しています。

 

耐力壁モイス

モイス(モイスTM)は、壁面が一体となって外からの衝撃を分散させる耐力面材です。

柱や梁や筋かいだけで支える場合よりも、家の強度が高くなります。

また、薄くても火に強く、さらに無機質系材料が主な原料なので、煙や有害物質を発生しません。

さらに、壁の中に湿気がたまると吸収して屋外へ放出するので、結露を防ぎ、カビの繁殖や木材の腐食を抑えます。

無機質系材料なので、シロアリが好む栄養分を含まず、特別な防蟻処理などを施さなくても、シロアリ被害を抑えることができます。

 

 

断熱見学の見どころ


 

クアトロ断熱

クアトロ断熱とは、その名のとおり、「クアトロ=4つ」の部材からなる断熱工法のこと。

①内断熱=調湿効果(セルローズファイバーなど)

②外断熱=断熱効果(ネオポールなど)

③外壁仕上げ材=遮熱効果(セレクトリフレックスなど)

④内壁材=透湿効果(スペイン漆喰など)

これらの部材を使用することにより断熱性能が高まり、快適な住環境の実現が可能になりました。これが「クアトロ断熱」です。

 

自然素材から生まれた内断熱材

内断熱材として使用されている「セルローズファイバー」。

セルローズファイバーは、天然繊維(パルプ)が主な原料となっている自然素材由来の断熱材です。

新聞紙などを再利用してつくられており、アメリカでは最もよく使われている断熱材です。

セルローズファイバーは、日本でよく施工されているグラスウールという断熱材に比べ、隙間なく施工することができるため、熱伝導率にさほど差がなくても、高い断熱性を得ることができます。

また、断熱性能だけでなく、調湿、防音、防虫、防火性能にも優れており、製造エネルギーの低さやリサイクルの観点から見ても、総合的に非常に優れた断熱材と言えます。

 

50mmの分厚い付加断熱

優れた断熱性能を持ち、外壁下地としても使えるハイブリッドな断熱材「ネオポール」を外断熱に採用。

ネオポールは、通常のEPSボードと比べて約1.3倍の断熱性能を持つだけでなく、弾性に優れ、南極昭和基地の外断熱材としても採用されています。

 

 

その他


 

当建物のスペック

UA値0.39

HEAT20のG2グレード

新断熱等級6

 

パッシブデザイン

パッシブデザインの家とは、風や太陽光と言った自然のエネルギーを活用し、極力、人工的な照明や冷暖房設備に頼らずとも快適に暮らせるよう設計された家です。

特徴としては以下になります。

  • 断熱性能を高めて、空調設備に頼らずとも室内の温度を一定にする。
  • 風の通り道をつくって、室内の温度・湿度を快適に保つ。
  • 日中の日差しを取り込んで、人工的な照明に頼らずとも暮らせる明るさを保つ。
  • 日射熱を利用し、冬でも暖房に頼らずとも快適に暮らすなど様々な工夫がされてる。

自然の力を活用し、夏は涼しく冬は暖かく暮らすことができ、家計にもやさしい家づくりのことをいいます。

 

 

EVENT DETAIL

イベント詳細

イベント名
構造、断熱見学会@名古屋市守山区(松尾設計室コラボモデル)
開催日
構造見学会:5/22(日)・29(日)、断熱見学会:6/12(日)・19(日)
時 間
10:00~17:00(各日共通)
場 所
愛知県名古屋市守山区翠松園
(会場詳細は、ご予約をいただいた方にご案内いたします)
予約特典
定員数
募集締切日
持ち物
参加料金
無料
お問い合わせ
備考
※新型コロナウイルスの拡散を防止するため、ご見学は完全予約制のうえ1組様ずつとさせていただきます。ご見学日時は先着順となりますので、お早めにご予約くださいますようお願い申し上げます。
※ご予約をいただいた方に、メールまたは郵送にて現地ご案内図をお送りいたします。

このイベントに申し込む

EVENT

他のイベントも見る